~宇野緋莉へのお仕事の依頼をお考え下さっている方へ~

こちら宇野緋莉のポリシーをご覧ください。
なお、お仕事のご依頼はメール(unoakari.model@gmail.com)にて受け付けております。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

関東・東京フリーモデルの宇野緋莉です。

いつも、ありがとうございます。

 

最近、ブログはおろか、Twitter、インスタグラムなど全く出現せずにおり、申し訳ございませんでした。

 

わたくしごとではございますが、先日、血のつながった、大切な身内が亡くなりました。

お通夜、お葬式が無事終わりましたので、ここにご報告をさせて頂きます。

存命のうちに、お見舞いに行けて、本当に良かったです。

格安で日帰り関西旅行♡滞在わずか2時間!with弟♡

この時、お見舞いに行けていなかったら、一生後悔していたと思います。

 

突然の訃報に接し、涙が止まりませんでした。

 

夢枕にも立たれました。

息を引き取ったと連絡をうけた次の次の日、寝ていると、突然左足の部分をバッ!!と掛け布団をめくられ、私は「え!!!」と叫び声をあげて起きました。

そして、足元のカーテンのところにぼんやりと、身長ほどの人影が。

裸眼視力0.1もない私には、ただ黒っぽい人の影がいるとしか見えず、表情など詳しい情報は得られませんでした。

眉間にしわを寄せて目をこらしていると、段々と消え、無地のカーテンだけが目の前に広がりました

私一人しか部屋にいないのに。

泥棒も入っていないのに。

 

お通夜・お葬式にどうしても行きたかったのですが、仕事のスケジュール的に行くことはできなかったのです。

しかし、夢枕に立たれ、やっぱり行きたい・・・呼ばれている・・・行かなければ・・・

そう考え、お通夜はどう転んでも行けないスケジュールでしたが、お葬式はなんとか駆けつけました。

どうにか行けて、本当に良かったです・・・

 

関西でお葬式を終え、東京に戻ってきてからも、涙が止まらず、ずっと考えてしまい・・・

ロスが激しいです。

 

訃報後、秋川雅史さんの「千の風になって」ばかり聞いています。

 

なかなか遠方だと、会う機会も少なくなってしまいます。

もっと、もっと無理やり会いに行けばよかったと、とても後悔しています。

だから、これを読まれた皆様におかれましては、私のような後悔のない日々をお過ごしいただければと切に願います。

 

ところで、SNSとは、明るい内容で、読んでもらえた方を明るい気持ちにできるように・・・という事が私の基本理念です。

基本的に後ろ向きな発言、愚痴などは吐露せず、胸にとどめております。

何かショックな事があっても、茶化して書いたり。

 

ただ、今は、とても悲しく、ふとした時、故人の事ばかり考えてしまいます。

夜も眠れません。

目を閉じると、また会いに来てくれているような気がして。

目をつい、開けてしまいます。そんな事の繰り返しで、全く眠れません。

精神的に、厳しい状態です。

 

そんな今は、ブログ・Twitter・Instagramに、明るい文章を書く自信がありません。

いつものように、茶化して書くこともできません。

 

その為、少しだけ、喪に服させて下さい。

 

先月初旬の貸し切りUSJの話や、仕事の事など、書きたいことはいっぱいたまっているのですが。

SNSには少しの間、浮上しないかと思います。(訃報に接してから、既に浮上していないのですが…)

 

それと。

2019年の新年のご挨拶は控えさせて頂く事を、先にお伝えしておきます。

 

取り留めのない、乱筆乱文で申し訳ございません。

 

人が死ぬって、悲しすぎますね

人を、大切にしたいと、改めて思いました